Made by Yourself

マッスル北村の心

f:id:ttyymgs:20160607143209j:plain

みなさんはマッスル北村という人物をご存知でしょうか。 

 

もちろん、知っていますよね。

そうです、いまや伝説、いや神話となったボディビル界のスーパースターです。 

 

僕がマッスル北村を知ったのは、高校を卒業し、浪人を目指すことになったくらいに

どういう経緯か忘れましたが、いつのまにかマッスル北村を知っていました。 

マッスル北村を知ったその衝撃が強すぎて、その頃の記憶が曖昧です。

 

さて、では、そのマッスル北村を知らない人のために、僕が好きなマッスル北村のエピソード、考え方を書いていきたいと思います。 

知っている人は暗記してますよね笑 

 

マッスル北村 本名 北村克己。 

 

少年マガジンで絶賛連載中の漫画「刃牙ーシリーズ」でもおなじみの隻腕(せきわん)となった愚地独歩の養子である愚地克己はこのマッスル北村さんの名前から来ています。ちなみに、顔はボディビルダーの山本義徳さんから来ているそうです。 

 

マッスル北村さんは東大理Ⅱ、東京医科歯科大中退、山本さんは早稲田大学政治経済学部卒業。どちらも高学歴ですが愚地克己はどうだったかな。  

 

僕のマッスル北村さんの一番好きなところは、その身体ではありません。

にあります。 

そんな心のエピソードの一部を紹介したいと思います。

 

 

人を傷つけない

マッスル北村さんは、明日のジョーに憧れてボクシングの道を志しました。 

 

けれども、相手のことを考えて、さぞかし痛かろうなと思い、パンチが出せず、自分がもらったパンチの数を数えておいて、後からその分パンチを繰り出すそうです。 

 

そのようになったのは、こんなエピソードがあるそうです。 

 

それは、ボクシングジムでプロのトレーナーの方とスパーリングをしていた時、あまりにも、マッスル北村がパンチを出さないから、トレーナーが「北村くん、ぼくもプロだし、ヘッドギアも被ってるから、遠慮せずに打っておいでよ。」と

 

そう言われて、マッスル北村さんは仕方なくパンチを出したのですが、プロのトレーナーさんは一発でダウンしてしまったそうです。 それから、一ヶ月ほど寝込んでしまい

 

北村さんは

「自分を痛めつけるのはいいけれども、自分以外の誰かを傷つけるのは絶対に嫌だ。

もう二度と人を殴らない。」と決意したそうです。  

食べるものに対する敬意

またマッスル北村さんは、食べ物に対しとても、強い信念を持っていました。 

それは、マッスル北村さんは、よく食べる大食漢として知られていたそうです。

 

ボディビル大会が終わった後のレセプションで残っていた料理を全て平らげた後に、マクドナルドへよって、ハンバーガー10個食べ、家に着くと、晩ご飯も食べ、一日で10kg体重が増えているということなんて、ザラにあったそうです。 

 

食べることが大好きだからこそ、食べ物への愛情が大きかったのですね。

 

マッスル北村「せっかく食べるのだったら、いい状態で美味しく食べてあげたい。野菜本来の生命力を落とさずに食べることで、そのままそれがぼくの細胞となってくれる。」 

 

これは、マッスル北村の冷蔵庫を開けた妹が少しだけ根が残ったほうれん草や小松菜が水につけてあった時の言葉です。

優しさ

また、筋肉を大きくするために、マッスル北村は、熱心に鬼のように取り組んでいましたが、筋肉を大きくする要件の一つに、ストレスをためないことがあります。

 

これは、ストレスによってテストステロンという筋肉の発達に影響するといわれている男性ホルモンが低くなってしまうためだそうです。

 

そのため、マッスル北村はストレスをためないために、いつもニコニコしていたそうです。しかし、これも、心の底からニコニコしていなければ、意味がないため、心の底からニコニコできる心持ちをしていたそうです。

 

どうやって、していたのかはマッスル北村しか知らないと思いますが。

マッスル北村に言えることは、彼は本物だったということです。

北村さんは、よくマシンを壊すそうです。 

 

マシンの重量では、足りず、自分で試行錯誤してウェイトをプラスして行うからだそうです。

 

しかし、重いウェイトやバーベルダンベルはものすごく丁寧に扱うそうで、周囲の人は、マッスル北村さんみたいな半端ない高重量を扱っている人でさえ、

 

あんなにも静かに丁寧に器具を扱っているのだから、自分ごときが雑に扱っちゃいけないと、周囲にも良い影響を与えていたそうです。 

 

マッスル北村さんは、スケールがでかすぎる人です。

自分には絶対真似できないと思うエピソードがいくつもあります。 

 

しかし、その心の面はすごく、尊敬できるもので、見習うということくらいはできると思います。 

 

トレーニングをしている人に多いのですが、人に威圧感をわざと与えるようなことをしたり、周りのことを考えずにトレーニングに没頭したり、正直ぼくは嫌いです。 

 

人間にとって、一番大事なことは、筋肉よりも心の豊かさだと思います。相手を思いやる気持ち、相手がどう感じるだろうかと思うことを大切にして行きたいですね。

 

トレーニングをしている人はすべからく、マッスル北村さんを尊敬していると思います。身体だけじゃなく、筋肉のためにも心を大事にしていって欲しいですね。

  

最後にぼくが、月に一回ほど定期的に観るマッスル北村と島田紳助トーク番組の動画を載せておきます。

 

この頃マッスル北村は30歳ほどですが、男前ですね笑 


マッスル北村 (1 of 5)

「東大の近くまでは行くんだけど、ある道を右に曲がれば東大で、まっすぐ行けば公園なのね。でも僕はまっすぐ行っちゃうの。公園でトレーニングしちゃうのね」-マッスル北村