BLOG YMGS 18kgのダイエットに成功したプロダイエッターです。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLOG YMGS

18kgのダイエットに成功したプロダイエッターです。

ダウンタウン松本人志の筋トレがヤバイ(解説と考察)

f:id:ttyymgs:20170130230820j:plain

松本人志の筋トレがテレビで公開されていました。

最近の松本人志の体つきは、いろんなところで注目されていました。水曜日のダウンタウンから、ワイドなショーからダウンタウンなうから松本さんの出るテレビでは、だいたい松本さんの筋肉について触れたことがあります。私はダウンタウンの出てるテレビが好きなので、毎週だいたい見ています。そんなダウンタウン松本人志と筋トレが好きな私が今回、松本家というテレビで松本さんの筋トレと筋トレへの熱い気持ちが公開されていたので、解説と考察を書いていきたいと思います。 ↓ダイエットについて熱く語りました。

kennkoudaiichi.hatenablog.com

松本さんのベンチプレス

f:id:ttyymgs:20170130231328p:plain

まず、最初のトレーニングで行うのが、ベンチプレスです。アップが95kg×5回、115kg×3回を行い、最後に135kgを2回行っていました。普段は95kgではなく、100kgから行うそうです。ここで注目してもらいたいのが、可動域の狭さです。ほとんどのトレーニーは、最大収縮の最大伸縮を意識して、ベンチを胸まで下ろすのが一般的となっています。パワーリフティングの大会でも、胸まで下ろして、一時停止をしないと、失格になるのですが、松本さんは胸まで下ろしてませんでした。ベンチにおける一番きついところを行っていないということです。これは、批判しているわけではありません。きちんと最大収縮の最大伸縮を気にしなくても、松本さんのような胸筋になるのだと私自身、一例として、とても勉強になりました。

松本さんのチェストプレス

続いて行われたのが、チェストプレスです。55kg×15回で10kgずつ加重していくそうです。ここで、注目してほしいのは、15回目以降に松本流のトレーニングをしていることが発覚しました。それが、最悪な状況からの100連打というものです。

f:id:ttyymgs:20170130232150p:plain

↑の画像のように可動域を限りなく狭くして、ちょこちょこと100回チェストプレスを行っていました。個人的な感想は、子供が強くなるために鍛えるときの発想に似てるなと思いました。これで、胸はパンパンになります。

松本流ラットプルダウン

続いて行われたのが、ラットプルダウンです。85kg×15回を3セット行います。ここでも松本流のトレーニングを見せていました。それは、14回目と15回目のウソよねぇ〜〜です。ウソよねぇ〜〜とは、14回目と15回目にポジティブで引いたときに、ネガティブに移らず、筋肉に絶妙な刺激を与えるために左右に小刻みに動かすことです。↓ これを行うことによって、限界まで筋肉を刺激させています。松本さんは筋肉へ刺激を与えるのがうまいです。

f:id:ttyymgs:20170130232803p:plain

松本流トライセプス

f:id:ttyymgs:20170130233030p:plain

これは、ライイングトライセプスエクステンションとナローベンチの中間みたいな種目でした。つまり、ナローベンチを三頭筋だけで上げている感覚です。これを20kg×25回。松本さんのコメントを聞いていると、多分1セットで終わりだと思われます。

松本流ダンベルシュラッグ

22kg×50回です。番組後半で松本さんが首がまだ足りねないのよねぇと言っていたので、おそらく、2,3セットはやるのではないでしょうか。

松本流の腹筋

f:id:ttyymgs:20170130233508p:plain

傾斜角度を30度つけて、15回×3セット。松本さんは、倒れる時に背中をつけて、カウントをしてはいけないと言っていました。

まとめ

番組では、腹筋の後に、最悪な状況からの100連打、ウソよねぇ〜を行っており、その後、メンバーと別れたのですが、松本さんは残って一人黙々と筋トレを続けていました。行っていた種目は、ベントオーバーローとレッグプレスでした。どれくらいの重さで行っていたかはわかりませんが、筋トレへの熱い気持ちを見ることができました。

また、松本さんはトレーニングを週3~5日行っているそうで、一回で全身をやる可能性が高いです。終わり。

鈴木亮平のダイエットの記事も読んでみてください。

kennkoudaiichi.hatenablog.com

広告を非表示にする