Made by Yourself

【iQOS】アイコスの4つのメリット

f:id:ttyymgs:20170607212345j:plain 

アイコス欲しかったのよ

 

僕はアイコスを買う前、アメスピの1ミリを吸っていました。

 

しかし、たばこを一本吸っただけでも、体がすごくだるくなってしまい、それが、結構長い時間だるいので、なにもやる気が起きなくて辛かったです。

 

そんな気持ちを抱いていました。そのため、たばこの中でも一番弱いたばこを吸っていたのですが、それでも、だるいものはだるい。これはどうしたものかと思っていました。

 

そこで、完全に火を使わないでニコチンを吸収できるアイコスに目をつけて、売ってたら是非買ってしまおうと思っていたところ、売っていたので、即決で購入するに至りました。 

 

 

 

1、灰が出ない

 

たばこを吸ってる時に注意しなければいけない事のひとつとして、灰があります。

食事中の時は、食べ物や飲み物に落ちないように。

人といる時は、人にかからないように。

しかし、アイコスは灰がそもそも出ない。そのため、灰に注意する必要が無くなります。

 

2、本数が減る

 

次に本数が減ります。アイコスのデメリットとしてよく言われるように、アイコスは、味が芋みたいだとか、とうもろこしみたいだとか。

 

穀物を蒸したみたいな感じの味がします。最初に友達に吸わせてもらった時には、めちゃくちゃマズイと思いました。これは、慣れますが、それでもやはり、普通の紙たばこに比べると美味しくありません。

 

でも、たばこらしさはあるし、紙タバコと比較すると味は美味しく無いが、たばことしては十分ではある。

 

ここが味噌で、だからこそ、紙たばこのようにたばこおいしい。吸いたい、我慢できない、ということが無い。

 

つまり、依存性が薄れるということです。それゆえに、本数が減り、節約に繋がります。

 

3、臭いが少ない

 

よくアイコスは臭いが無いと言われる。しかし、臭いはある。独特の臭いだ。その臭いは、先ほど書いた味と同じように、芋の臭いがする。

 

これは、食べ物。つまり、他人が食ってる食べ物の臭い。良い気持ちはしない。タバコの臭いとはまた別の嫌な臭いだ。紙たばこの種類によっては、紙タバコの方がましという人も非常に多く存在する。

 

しかし、それは言っても、紙タバコは吸ってる時も、吸い終わった時も臭い。服やカバン、部屋、皮膚にまで、臭いは染み付く。これが厄介だ。

 

私は、これが大嫌いだった。しかも、紙のたばこは、体臭を何倍にも跳ねあがらせる。私は紙たばこを吸うと、めちゃくちゃ体臭が臭くなってしまうたちの人間だった。アイコスは、そんなことも無い。

 

紙たばこ時代は、自分の体臭が他人に迷惑をかけてしまうことにひどく悩んでいた。これが一番辛かった。汗を掻いた後なんて、他人と会うことが億劫だった。

 

アイコスによって、それも改善した。ネットでは、アイコスもニコチンが摂取されるので、体臭は変わら無いと書いてあったが、私は間違いなく変わった。体臭が気になる紙タバコユーザーは本当に変えてみて欲しい。

 

4、だるさが無い

 

やっぱり、自身の問題として、一番気にしていたのが、紙たばこを吸ったあとの体のだるさだ。でも、吸うのは止められない。

 

だって、社会辛いんだもん。なぜ、身体がだるくなるのかと言うと。一酸化炭素中毒って知ってますよね。人間が自殺をする方法の一つとして、練炭自殺があります。

 

村上春樹著作のノルウェイの森でもありました。一酸化炭素を吸うことによって、身体の酸素がなくなってしまい、身体の機能が停止しちゃいます。

 

これの軽いものが、たばこを吸うことによって起きてしまいます。たばこって不完全燃焼の象徴みたいなもん。たばこを吸った後に走ったり運動したりするのがきついのがこの為です。身体の酸素を奪っているのです。

 

私は、これに非常に敏感でして、非常に辛かったです。しかし、アイコスにはこれがほとんどないです。アイコスを吸った後でも、いや、吸いながらでも、走ることができます。

 

紙たばこを吸っていると、身体がだるくて、運動に対するモチベーションがかなり低くなってしまいます。これによって、食事は変わらないけど、運動はしなくなり、太ってしまい、見た目が悪くなり、そして、肌も若干汚くなってしまい、醜くなってしまいます。

 

まとめ

最近は、よくコンビニでも普通に帰るようになりました。是非ともゲットしてアイコスの良さを感じてみてください。

 

 

 

 

アイコスのデメリットを書きました。

kennkoudaiichi.hatenablog.com 

 

以前に書いた紙タバコのおすすめ記事です 感慨深い。

kennkoudaiichi.hatenablog.com