Made by Yourself

475点からTOEIC1ヶ月半で785点取った勉強方法6つ

f:id:ttyymgs:20171113155440j:plain

9月に受けた人生2回目のTOEIC



今回は、TOEICについて書いていきたいと思います。

 

 

 

僕の英語評価

 

  • 英語は苦手ではないが、めちゃくちゃ得意ではない。
  • 一浪してセンター試験はリーディング180点、リスニング40点。
  • 河合模試で偏差値は65くらいだった。
  • 英作がめちゃくちゃ苦手。
  • 大学4年で初めて英語の勉強を始めた。
  • 第一回のTOEICは0時間勉強で450点
  • 第三回で785点(2017年10月) 

f:id:ttyymgs:20171113170015j:plain

 

 

なぜ、大学4年から英語の勉強を始めたかの理由は、大学院進学です。

第三回目はラストチャンスで、740点あればいいとのことでした。

僕はそれまで、475点。我ながら、諦めずによく挑戦したと思います。

 

具体的な勉強方法

 

  1. 1日2時間以上は勉強する
  2. まずは、形式になれる
  3. 単語を鍛える
  4. リスニングはシャドーイング
  5. 文法はコレである程度抑える
  6. リーディングは精読

 

1,1日2時間以上は勉強

まずは、時間の量です。当たり前だけど時間をかけなければ取れない。

 

f:id:ttyymgs:20171113161652j:plain

 

勉強が上手に継続できなかったので、30分で区切ってやってました。

そして、画像のようにひとマス30分やったら、黒丸をつけていました。

たまに、つけてない日もありますが、モチベーションが低く、〜1時間ほどしかやっていません。ただ、1分もやっていない日はありませんでした。

 

これは、9月12日から始め合計で10月20日まで合計60〜70時間くらいですかね。個人的には毎日1日5時間以上はやりたかったのですが、なかなか捗らないもんです。

 

しかし、こうやって1日30分区切って集中してやることで、勉強の質はよくなったんじゃないかなと思っています。 

 

 

2.形式に慣れる

 

まずは、形式になれるということで、以下の問題集を使って、解いて形式に慣れていました。この問題集は実は評価が低いのです。

 

その理由として、解説が最低限しかなされていないことが挙げられます。

つまり、どのように訳せばこの解説の訳になるのか、どういった文法なのかが詳しく書かれていません。

 

そのため、SVOCの文法など、精読ができない人にとっては、難しい一冊ということになります。

 

しかし、精読ができる人にとっては、十分な内容の一冊だと僕は感じました。

最新の公式問題集ですし、30分で区切ってやるには、丁度良い超オススメの一冊です。

 

公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リーディング編

公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リーディング編

 

 

 

公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編

公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編

 

 

3,単語を鍛える

 

よく、僕の周りでは、TOEICの単語は問題を解いている中で同じ単語が出てくるから、単語帳を買って単語を覚えることをしない人が多くいます。

 

しかし、僕はそうは思いません。それは単語の暗記学習をしたくない人の言い訳だと僕は思います。実際、問題集をたくさん解いてるうちに覚えていきますが、あまり出てこないけど、解答の根拠になる単語はたくさんあります。

 

 僕は、以下の単語帳を使って暗記をしてました。

大学受験の時は、ターゲット1900を使っていたのですが、以下の単語はと形式が違って、日本語訳から英単語を導き出すものとなっています。

 

僕は、最初、その通りにやっていたのですが、覚えづらかったので、右側の英単語から日本語訳を導き出すようにしていました。

 

左側は、覚えづらい単語だけこんな感じで使われるんだということを確認するために使っていました。

 

鉄板の単語帳ですが、これを5周くらいしました。5周くらいでは、全部覚えきれなかったので、今後も使っていきたいと思います。 

 

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

 

また、普通の英単語以外にも、TOEICの特徴である、職業の英単語だったり(例えば、Civil engneer  土木技師など)載っているので選んで間違いない単語帳です。

 

4.リスニングはシャドーイング

 

僕は、特にリスニングが苦手でした。聞こえてこない上に一回しかチャンスがない。

しかも、45分も聞き続ける。

 

しかし、上記で挙げたリスニングの問題集や公式問題集を解いて、答え合わせをしたあと、全ての問題文に対し、シャドーイングをしました。これが、TOEIC勉強で一番辛いところでした。

 

例えば、一番最初ん挙げた問題集は1パート10分くらいで時終わるのですが、2時間くらいかけて、全ての問題文を聞こえてくる英語に合わせてシャドーイングを行って、

ひたすら、イライラと戦っていました。 

 

だって、単語通りに発音しないんだもん。

例えば、Thatはダ、と言ってるし、haveはァウだし、andはエとしか言ってない。

今まで学校で習ったのと違うじゃん! 

 

これは、意識は変えなければいけません。過去に習ったザットは英語じゃないんです。

これは完全に日本語。thatはダなのです。

 

シャドーイングを続けていくと、ほとんどの英語が聞こえてくるようになってきました。Part3,4に関しては、ほとんど間違えません。

 

しかし、実はちゃんと英語の内容を聞き取れているわけではありません。

なんとなくしか内容を取れていないのになぜ、取れるのかというと、

 

TOEICのリスニングに置いて一番重要なのが、解答を先読みすることです。 

そうすることで、聞き取った単語から、解答を導きだせるので、とりあえず、英単語さえ聞き取れていれば、Part3,4はほとんど間違えることはなくなります。 

 

part2に関しては、最初の3単語と言われていますが、最近のTOEICでは、そうでない傾向がちょくちょくありますので、僕はこのPartが苦手です。10問近く落としてしまう。まだまだ、伸び代はあるということです!

 

5.文法はコレである程度抑える

 

リーディングの問題集を解いているうちに、Part5,6がからっきしダメだということがわかりました。文法は2週間まえから始めて、時間がなかったので、とりあえず、よく出る分野はある程度勉強しようと考えました。そして、使った参考書はコレ

 

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

 

 

この中の品詞と動詞はちゃんとやりました。それ以外は、時間がなかったので切り捨てた。

 

特に、間違えた問題や解答根拠があいまいな問題は2〜3回解き直し、根拠を明確に解けるよう心がけた。

 

これをやることで、20〜30点くらい点数の底上げに貢献できました。

 

6.リーディングは精読

 

リーディングは時間との勝負になります。ひたすら問題集を解いて、答え合わせをする。そして、答え合わせをしてちゃんと訳せるようにする。

公式問題集をやっておくのが、間違いないです。

 

僕は、時間がなくて3回分の模試しかできませんでしたが、以下の公式問題集6回分を

何度も繰り返すことで絶対的な実力が身につくだろうと確信しています。

 

 

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1

 

 

 

公式TOEIC Listening & Reading 問題集2

公式TOEIC Listening & Reading 問題集2

 

 

 

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

 

 

 

TOEICアドバイス

 

まずは、単語をやりつつ、同時並行で問題集に慣れていってください。

一番上で紹介した問題集を2冊やったら、次は、公式問題集へと移ります。

 

1回分以上模試を解いたら、次は苦手Partも同時並行で行います。

僕で言えば、Part5,6の文法。 

 

リーディングが苦手な人は、まず精読ができるようにしたほうがいいと思います。

僕が大学受験の時に使っていた以下の一冊がおすすめです。

 

 

基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

  

見ていた英語サイト

 

Atsu英語さん。


2つのことを実施するだけでTOEIC200点アップ TOEIC満点、英検1級、IELTS8.5 獲得

 

だいたい、見ました。顔が羽生くんに似てるなと思います。学習方法やモチベーションをあげるのに見ていました。僕もすぐに990点取って追いつく。

 

sashiさん


大学留学で専攻雑に選ぶと日本人女子が結婚する以外海外就職・移住ほぼムリ説 第二話 #ちか友留学生活

 

海外で働くことを意識させてくれます。英語学習の方法については、あまり、役に立ちませんが、モチベーションに繋がります。

 

Enjoy Life in English!さん

TOEIC初心者が確実に600点取れる6つの戦略と勉強法 | TOEIC 900点&英会話上達をめざす英語勉強法・参考書まとめブログ|Enjoy Life in English!

 

一番役に立つTOEIC学習のサイトです。いろんな人の学習歴が参考になりました。

僕も投稿しようっかな。

 

まとめと今後

 

僕もまだまだ、満足のいく点数ではないですが、一ヶ月半で300点以上上げることができたのは、自分でも驚きました。だって、ほぼ800点じゃん。800点って言っていいかな。

僕としては、とりあえず、TOEICの点数は大学院のために740点必要だったので勉強しただけです。次回TOEICを勉強するときは就活のために900点以上取りたいと考えているので、2年後か、3年後に再び勉強すると思います。

 

次は、留学のためにTOFLEを80点以上。できれば、交換留学がしたいので100点を理想として、TOFLEの勉強に励みたいと思います。

 

 

 英語を極めれば、日本社会で勝ち上がれる。ぼっち最強のススメ。

kennkoudaiichi.hatenablog.com