Made by Yourself

ウィリアム・ヘンリー・ビル・ゲイツ3世から得た、3つの大切なこと

こんにちは。僕です。

 

皆さんは、ビル・ゲイツ3世をご存知ですか?

ビル・ゲイツ3世は知らないけど、ビル・ゲイツなら知ってる。

そんな回答が返ってきそうです。

 

今回、3世をつけたのはビル・ゲイツを尊敬しているからです。

ビル・ゲイツ教授という感覚で付けました。

 

 

なぜ今更ビル・ゲイツ?

 

今更といいますか、こんな記事を発見しまして

gigazine.net

(Gigazine.net から)

 

自分が日課として行なっている皿洗いをビル・ゲイツがやっている

大豪邸に家政婦まで雇っているのに、敢えてやっている?

庶民派的思考?

 

そんな共通点や疑問に、脳内がスパークした結果

ビル・ゲイツに関する記事を読み漁ってしまったのです。

 

f:id:ttyymgs:20170930233941j:plain


イメージ画像としてはこんな感じ。

内向的な人間が、更に内向的になり読み漁ってました。

 

 

 

①単純作業の思わぬ効果

 

創造的な作業とは対極に位置する単純作業これが何を産むだろう。

少しばかり前においては、ボーッとするためのものといった認識しか

持っていませんでした。

 

しかしながらビル・ゲイツの記事や関連記事を読み漁るうちにあるいくつかの解、メリットが見えてきました。

 

  • ストレスがある時に敢えて単純作業(ex. 皿洗い)すると嫌なことを忘れられる
  • 単純作業をすると没頭できるのである種の覚醒状態になる

 

②一心不乱に集中すること

 

更に、この皿洗いの効用については以下Gigazineのサイトでまとめられています。

gigazine.net

 

こちらのサイトにアクセスしなくて済むように簡潔に内容をまとめると

皿洗いをする人を2つのグループに分ける。

 

  • 皿洗いのことだけを考える人  ー 1皿1皿を丁寧に洗う、皿洗いだけを考えるよう指示された
  • 皿洗いに注力しない人 ー 皿洗いを雑務と捉え、他のことを考える。指示なし

 

母集団は学生で、被験者はおそらくフロリダ大学の学生でしょうか

(英文深く読めませんので推測

 

結果として、前者のうち25%で緊張レベルが27%減少することがわかったのです。

一方で後者の皿洗いに注力しないグループは減少が見られなかったのこと。

 

なにげないことに集中すると緊張レベルが減少するということですね。

皿洗いって最強!

工場労動はそうはいかないかもしれません。逆に緊張レベルが上がりそうです。

 

③読書

 

最近はしてないです。大学1,2年生の時は意識的に読んでいたのですが

それも続かず。勉強のために読んでいたので若干苦痛だった気がします。

 

読書には以下のメリットがあることが知られています。

 

  • 想像力が高まるので
  • 感情移入できる
  • 語彙力が上がる
  • 偉人の言葉に感銘を受ける

 

これらは一般的に知られていますが違う観点から話しましょう。

読書には幾つかの要素がありますが、今回はひとつの要素に絞ります。

それは"想像力"です。

これは情報量と関わってきます。

 

世の中には様々なinputの仕方がありますよね

活字、音声、映像。

 

活字=読書は最も情報量が少なく文字だけを追っていきます。

それゆえ登場人物を整理したり、情景を想像したり大変ですね。

その分、想像したり考えることが多くなるので必然的にアウトプットは大きくなります。

 

次に音声ですが、これは2番目に情報量が多いです。

ここでは音声であると、「橋と箸」の差異として現れるように

音声を注意深く読み取り話を聞かなければいけません。

活字を読むだけならばそのような必要はないのです。

(少し例が簡単すぎました。

 

最後の映像、これが最も情報量が多いです。

文字、音声、動き。様々なことが入ってきて映像に、没頭できます。

ただ没頭した結果、inputは迫力に押されなんか良かったという印象が全面的に出ることが多いです。想像力に関しても、更にふくらませることは難しいです。

 

想像力を活性化させることは、ビジネスだけでなく日常生活のあらゆる場面で役立ちます。読書をおすすめします。

 

 

紙なのか電子かが良いのかという話は後日しようと思います。

 

ミニマリズムとの関わり

 

単純作業・想像力は、ミニマリズムと関わりがありますね。

まず単純作業に没頭するために他のことを頭に入れない。

これはミニマリズムそのもの。

 

想像力は単純作業の延長線上に位置しますが

単純作業に注力できるようになるとリラックス効果が生まれる(上記②の項目参照)

リラックス効果が生まれる状態を継続的に脳に刻む

その結果、よりよい想像力が発揮できる。

もとはシンプル発想ということです。

 

ということでこちらの記事もよろしければ見てくださいな。

(ちなみに皆さんお持ちのiPhoneを作った人が登場)

 

 

kennkoudaiichi.hatenablog.com

 

 

 

 やっぱりヘム鉄おすすめ!

 

kennkoudaiichi.hatenablog.com